映像素材とコーデック

映像ファイルと圧縮コーデック

コーデックは圧縮といった意味をもつ言葉で、動画をウェブのコンテンツなどに使用する時などに規格に合わせるため行われます。コーデックでは動画素材と音声素材それぞれに圧縮をかけるのです。このコーデックは映像や音声データをエンコードやデコードさせますので、同じファイル形式のものでもコーデックが異なれば別のものとなるとえいます。また、動画を再生する時に、エンコードをする時に使用されたコーデックが動画を視聴する環境でも必要とされるのです。

動画は連続する画像が集まって動きが表現されており、圧縮しなければ膨大なデータ量になってしまうのです。そうなると重くなってしまうことになります。コーデックを適用すると、効率的に動画データを記録したり保存することができるのです。そのことでデータ量が多い動画でも、多く記録することができたり、同じ容量だとしてもより高画質に表現することができるのです。さらに、データ量が小さくなることによって流通や配布が容易になるといったメリットがあるのです。そして、同じ画質だとしてもデータ量が少なくて済むため、動画の配信サーバー側の負荷も少なくて済み、サーバーがダウンしてしまうといったリスクや表示するのに時間がかかりすぎてしまうといった心配なども少なくなります。そのため、動画素材をコーデックさせるのには様々な利点があるのです。

コーデックは映像を受け取る側によって最適なコーデックは異なるため、映像を送る側はその点に留意することが重要です。そのため、視聴ターゲットによって選択するコーデックは変わってくるのです。受け手がパソコンやスマホ、タブレットなど、どの端末で動画配信を受け取るのかという点は動画配信サービス企業にとっても重要なポイントなのです。幅広いコーデックに対応する必要があり、動画素材の特徴や対象のデバイスに合わせて適切なエンコードの設定や調整などが行われることが必要になっているのです。