ウェブと動画素材

ホームページに動画素材を利用する

動画素材は見ているだけでも楽しくなる動画コンテンツです。ちょっとだけ見てみようと思い見始めたところ、気が付いたら最後まで見てしまったなどの経験を持つ人も多いのではないでしょうか。写真素材の場合は、写真が表示されてそれを見ることで何かを感じ、続きを見たい時にはサイト内のコンテンツを使うことになります。しかし、表示が行われている静止画を見ても特別何も感じずにページを去ってしまうなども多く、集客効果が今一つであるなど悩みを抱えている人も多いと言えましょう。こんな時には静止画ではなく動画素材を起用する、しかも動画でインパクトを与えるのであればトップページに動画を配置することです。

ホームページのトップはユーザーが最初にアクセスする部分ですからそれなりの工夫を考えておく必要があります。トップページでユーザーへのアピールができれば、他のページへの誘導も可能にしますし、サイト内で紹介している商品の購入アクションやサービスの問い合わせなどが行われる可能性も高くなります。動画素材には自然をモチーフにしたもの、子犬や子猫などの愛らしい姿を収めているもの、企業アピールに最適なコンテンツが多数用意してありますが、単に動画を見せるだけでなく、動画の中にキラキラ素材が使われているものを使うと効果はより高くなるのではないでしょうか。

一般的に、キラキラ動画と呼ばれているものは、柔らかな光の粒子を利用した背景用動画で、キラキラと光りながら画面の中を漂う光の粒はタイトルの背景にも最適です。繰り返し使ってスライドショーのような背景に使うこともできますい、エンドロールやプロフィール動画などの背景にも最適なコンテンツです。こうした動画素材と自ら撮影した写真画像を合成すれば写真を見せながら背景が輝く動画コンテンツを作り出すこともできます。しかも、こうした動画素材の中には無料でダウンロードができるものも多くあるため、制作コストを抑えたい時にも便利です。